高保湿先進美容液「天使の聖水」

最先端の皮膚科学と先進の美肌成分を融合した高保湿先進美容液「天使の聖水」 〜フラーレン・EGF・APPS・プロテオグリカン・AC-11配合〜

天使の聖水 [美容液] 100mL 希望小売価格4,320円(税込)

[全成分表示] 水、グリセリン、ソルビトール、ペンチレングリコール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、セラミド3、ヒトオリゴペプチド-1(EGF)、加水分解エラスチン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、フラーレン、水溶性プロテオグリカン、ウンカリアトメントサエキス(AC-11)、プルラン、PCA-Na、マンニトール、マルトデキストリン、クエン酸Na、クエン酸、PVP、BG、フェノキシエタノール

  

フラーレン・EGF・APPS(進化型ビタミンC誘導体)・プロテオグリカン・AC-11・セラミド・エラスチンなどのエイジングケア成分
フラーレン・EGF・APPS・プロテオグリカン・AC-11配合「天使の聖水」の3大特長
天使の聖水特長1 フラーレン・EGF・APPS・プロテオグリカン・AC-11配合「天使の聖水」最先端の美肌効果!

その研究の功績により世界的に権威ある賞を受賞した「フラーレン」と「EGF」に加え、メラニン生成抑制作用に大変優れた進化型ビタミンC誘導体の「APPS」、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があり表皮細胞の新生をすこやかに整える作用(EGF様作用)に優れた「プロテオグリカン」、DNA修復に着目した先進成分の「AC-11」、肌の保護・バリア機能に優れた「セラミド3」、従来のものよりも低分子構造で角質層までしっかりと浸透する「加水分解ヒアルロン酸」と「加水分解コラーゲン」、肌のハリと弾力を高める「エラスチン」など、若々しい肌に欠かせない最先端の美肌成分を多彩に配合しています。

天使の聖水特長2 フラーレン・EGF・APPS・プロテオグリカン・AC-11配合「天使の聖水」シンプルスキンケアを実現!

天使の聖水は美容液の優れた美肌効果と高い保湿効果を兼ね備えており、年齢肌が気になる目尻などの部分ケアだけでなく、化粧水のようにお顔全体にお使いいただけます。一般的な化粧水と美容液のような2品使いの必要がなく、スキンケアをよりシンプルに完結します。
厳選配合している各種先進成分の美肌効果を高めるために、ゲル状やクリーム状にするための本来肌に不要な成分は排除し、肌にやさしい処方を実現しています。

天使の聖水特長3 フラーレン・EGF・APPS・プロテオグリカン・AC-11配合「天使の聖水」天使の聖油との抜群の相性!

天使の聖水は、天使の聖油の美肌効果を最大限に引き出すための専用美容液として、相互使用時の相性にとことんこだわって開発しました。そうした経緯から、天使の聖油と一緒にお求めいただく場合は、天使の聖水を20%offの税込3,456円※でご提供させていただいております。是非とも天使の聖油の“大自然の恵み”と天使の聖水の“最先端の美肌効果”を併せてご体験ください。
※天使の聖油1品のお求めにつき、天使の聖水2品までとさせていただいております。

フラーレン・EGF・APPS・プロテオグリカン・AC-11・セラミド配合の先進美容液

●「フラーレン」とは

フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素同素体の物質で、活性酸素やフリーラジカルに起因する年齢肌のケアに優れた美肌効果を発揮する先進のエイジングケア成分です。ビタミンCの125倍もの酸化防止力があり、優れた保湿作用やメラニン生成抑制作用も発揮します。英国人のハロルド・クロトー博士等によって発見され、その研究の功績により1996年に世界的に権威ある化学賞を受賞しました。同じく世界中で権威ある化学誌「サイエンス」では、「フラーレンはスポンジのようにラジカルや活性酸素を分子レベルで吸収する」と称賛されました。

●「EGF(配合成分名:ヒトオリゴペプチド-1)」とは

EGF(Epidermal Growth Factor/日本語訳:上皮細胞成長因子)は53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種で、人が元々持っている物質ですが加齢によって減少し、細胞再生がしだいに遅くなり様々な年齢肌悩みを引き起こします。EGFを肌に補給することで年齢を重ねるとともに低下する皮膚細胞の新生をすこやかに整えることができます。 生物学者スタンレー・コーエン博士に発見され、その研究の功績により1986年に世界的に権威ある生理学・医学賞を受賞しました。発見当時は1gあたり8千万円と非常に高価でしたが、十数年の歳月を経て化粧品にも使用されるようになりました。

●「APPS(配合成分名:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)」とは

APPSとはメラニン生成抑制作用に優れたリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加して親油性を獲得した新型のビタミンC誘導体です。水溶性ビタミンC誘導体の特長である作用の速さと油溶性ビタミンC誘導体の特長である高浸透力を兼ね備えているため「進化型ビタミンC誘導体」と呼ばれています。従来のビタミンC誘導体よりも肌への刺激が極めて弱く、通常のビタミンCのおよそ10,000倍、従来のビタミンC誘導体のおよそ100倍もの非常に高い浸透力があり、皮膚科などの医療機関も注目している先進のビタミンC誘導体です。

●「プロテオグリカン」とは

元々、人間の皮膚や軟骨などに広く分布しており、コアタンパク質にコンドロイチン硫酸などが結合したものをプロテオグリカンといいます。肌にハリを与える作用、表皮細胞の新生をすこやかに整える作用(EGF様作用)、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力などがあり、真皮細胞の中でコラーゲン線維だけでは保水できない水分の蓄積にも大きく関与しています。以前はプロテオグリカンの価格は1gで3,300万円と非常に高額でしたが、鮭の鼻軟骨より高純度のものが抽出できるようになって市場に広まり、化粧品原料として使用されるようになりました。医療業界でも様々な病気の治療に役立てられています。

●「AC-11(配合成分名:ウンカリアトメントサエキス)」とは

AC-11とは南米アマゾンに生息するキャッツクロー(ウンカリア属)という植物の樹皮から化学処理を行わずに熱水で抽出した植物エキスです。キャッツクローは現地では2,000年以上も前からお茶として煎じられてきたハーブであり、その歴史の長さからも安全性の高さがうかがえます。DNA研究の第一人者であるロナルド・ぺロ博士が30年以上にわたる研究で発見した「第11染色体を活性化する素材」を意味しています。米国の政府機関であるFDA(米国食品医薬品局)がDNAに関わる作用を認めた唯一の成分で、紫外線や活性酸素による肌ダメージに優れた美肌効果を発揮します。

フラーレン・EGF・APPS(進化型ビタミンC誘導体)・プロテオグリカン・AC-11・セラミド・エラスチン・ヒアルロン酸・コラーゲンの働き

全配合成分のご案内

・水
精製水です。

・グリセリン
グリセリンは保湿剤として化粧品に広く使用されており、肌にしっとりとした潤いを与える効果があります。目薬や脳圧降下薬などの医薬品にも使用されるほど安全性の高い成分です。石油由来のものと植物油脂由来のものがありますが、天使の聖水には100%植物油脂由来のものを使用しています。

・ソルビトール
ソルビトールはリンゴなどの果実類に含まれる糖類で、その安全性の高さから内服薬などの医薬品や食品への甘味料としても使用されています。保湿効果が高く化粧品には保湿剤として広く使用されています。

・ペンチレングリコール
グリセリンよりさっぱりとした感触の無色透明の液体(多価アルコール)です。ベタつき感のない保湿性とともに、成分の防腐作用にも優れています。

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naはメラニン生成抑制効果に優れたビタミンC誘導体の中でも、特に高い浸透力と低刺激性を誇る先進のビタミンC誘導体です。フラーレンとの相性が良い成分で相乗効果が期待でき、フラーレンの優れた成分の抗酸化作用によってAPPSの安定化を実現しています。

・セラミド3
セラミド はスフィンゴ脂質の一種で人体の細胞膜に広く存在しています。セラミド1.2.3.6の内、セラミド3は皮膚のバリア機能改善作用と水分を長時間保持する作用に大変優れています。当社では無造作に全種類のセラミドを配合するのではなく、ひとつひとつのセラミドの成分特性をじっくりと検証しながら厳選配合しています。

・ヒトオリゴペプチド-1(EGF)
EGF(Epidermal Growth Factor/日本語訳:上皮細胞成長因子)の化粧品に配合される際の成分名称です。53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種で優れた美肌効果が期待できます。

・加水分解エラスチン
エラスチンは、皮膚の真皮などの結合組織にある線維状タンパク質でコラーゲン線維を束ねて皮膚の弾力とハリを保つ働きがあります。加水分解することによって低分子化し、肌に浸透しやすくなり保湿性が高まります。

・加水分解ヒアルロン酸
保湿性に優れ、わずか1グラムのヒアルロン酸で6リットルの水分を保持することができるといわれるヒアルロン酸を加水分解したものです。従来のヒアルロン酸よりも低分子である為、従来のヒアルロン酸では届かなかった角質層まで浸透することができます。低粘度でありながら保湿効果は高く、持続時間も長いといわれています。

・加水分解コラーゲン
人の皮膚に元々存在する成分で、皮膚との親和性に極めて優れた成分です。水とよく水和するため皮膚への水分補給による保湿機能の改善に貢献します。天使の聖水の加水分解コラーゲンは魚皮由来のものです。

・フラーレン
フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素同素体の物質で、サッカーボールのような球状の形をしています。活性酸素やフリーラジカルに起因する年齢肌のケアに優れた先進のエイジングケア成分で、メラニン生成抑制作用など優れた美肌効果を発揮します。

・水溶性プロテオグリカン
プロテオグリカンは糖とタンパク質の複合体の一種で、プロテオはプロテイン(タンパク質)を意味し、グリカンは多糖類を意味しています。ヒアルロン酸やコラーゲンなどと共に細胞外マトリックス(細胞の外に存在する超分子構造体)を形成する成分で、保湿力や肌にハリや弾力を与える作用に優れています。近年、テレビや美容雑誌などでも多数紹介され、大きな注目を集めている先進の美肌成分です。

・ウンカリアトメントサエキス(AC-11)
南米で2,000年以上も前からハーブとして親しまれてきたキャッツクロー(ウンカリア属)に含まれる「CAEs」という成分を特許製法の熱水抽出で抽出した成分をAC-11(Activate Chromosome-11)といいます。DNAに直接はたらきかけることが米国の政府機関であるFDA(米国食品医薬品局)に認められた画期的な成分で、AC-11を添加した皮膚細胞は紫外線による肌ダメージを約95%も抑えられることが様々な実験によって確認されています。

・プルラン
コーンスターチが原料の天然の多糖類です。肌の水分蒸発を防ぎ潤いのあるしなやかな状態に保ちます。

・PCA-Na
アミノ酸の誘導体で、肌の角質層にあって水分を保持している天然保湿因子(NMF)の中にも含まれる成分です。肌なじみがよく柔軟作用や湿潤性に優れた保湿剤です。

・マンニトール
マンニトールは広く植物に存在し、自然界で最も多い糖アルコールで植物のマンナ等から抽出されます。昆布やわかめなどの海藻類もマンニトールを豊富に含み、干し昆布やわかめが長期保存に耐えるのはマンニトールの酸化防止効果によるものです。化粧品では保湿剤としての働きのほか、成分の酸化防止剤としての働きも認められています。

・マルトデキストリン
健康食品やスポーツドリンク、キャンディなどの食品にも広く使用される多糖で、化粧品ではベース処方や結合剤として使用されています。トウモロコシか小麦のデンプンを精製して得られますが、天使の聖水では100%トウモロコシ由来のものを使用しています。

・クエン酸Na
レモンやグレープフルーツなどに含まれるクエン酸を炭酸ナトリウムで中和した物質で、成分のpH調整と酸化防止を目的に配合しています。

・クエン酸
レモンやグレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれる物資ですが、化粧品に配合されるクエン酸はデンプンなどの糖質原料から得られています。成分のpH調整と酸化防止を目的に配合しています。

・PVP
化粧品や錠剤(医薬品または食品)の賦形剤や結合剤などに使用される成分で、人体に全く吸収されない無害な物質です。

・BG
適度な湿潤性と成分の防腐作用があり、皮膚に対する刺激も少なく化粧品に広く保湿剤として使用される成分です。また、植物から植物エキスを抽出する際の溶媒としても使用されています。

・フェノキシエタノール
化粧品に広く使用される防腐剤で、パラベンよりも防腐効果が弱い分、毒性も低いといわれています。

※各成分についての記載は一般的な性質及び研究結果であり、化粧品に配合した場合に必ずしも同様の働きをするものではありません。各成分は、肌にハリ・ツヤ・潤いを与える、肌のキメを整える、肌を柔らかくなめらかにする、肌荒れを防ぐ、肌を整える、肌を保護する、肌をすこやかに保つといった効能、及び、成分の抗酸化・抗菌・防腐を目的に配合しています。

  

●天使の聖水と併せてお使いいただきたい製品

高機能美容オイル「天使の聖油」のご案内角質柔軟導入美容水「ヘヴンシャワー」のご案内高濃縮ナイトリペア美容液「セラフィム」のご案内

製品比較表/併用例 ご使用順序